スタッフ

045.jpg

國谷 貴司 Takashi KUNIYA

院長,獣医師

 

プロフィール
 2003年03月 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
 2003年05月 渡辺動物病院(静岡県島田市)
 2017年06月 かば動物クリニック
 
 獣医神経病学会 学会評議員(2013年〜)
 
 
Achievement(学会発表,セミナー講演を除く)

 The World of Zonisamide for Veterinary Medicine(小動物てんかん臨床研究会),2019
 
てんかんを極める CLINIC NOTE(インターズー),No.165,2019
 小動物の神経疾患救急治療(インターズー),2018
 症候シリーズVol.14 運動失調/麻痺2 悪性末梢神経鞘腫,急性多発性神経根神経炎 SA Medicine(インターズー),2017

 犬の猫のCT&MRIアトラス(緑書房),2016

 犬と猫の神経病学 総論・技術編(緑書房),2016
 獣医臨床神経解剖学(文永堂),2016
 症候性てんかん-診断と治療- 脳血管障害 Vet i(DSファーマ),No.15,4月号,2016
 
脳疾患に迫る MRIのスマートな活用法を中心に MRIが診断に有用な内科的疾患 CAP(緑書房),2月号,2016

 症例から学ぶ鑑別診断 発作 SA Medicine(インターズー),10月号,2015
 犬と猫の治療ガイド2015(インターズー),2015
 犬と猫の神経病学 各論編(緑書房),2015
 Inflammatory pseudotumor arising in the epidural space of a dog,Vet Rec Casereports,2,e000095,2014
 大動脈血栓塞栓症の犬4例の臨床症状及び臨床病理学的所見,日本獣医師会雑誌,No.67,137-141,2014
 特発性てんかんの内科的コントロール 〜発作への対処〜 CLINIC NOTE(インターズー),No.96,2013
 疾患からみた検査の考え方 神経および筋疾患 頭部におけるCT/MRI検査 SA Medicine(インターズー),No.82,2012
 図解 小動物神経病学(インターズー),2011
 犬の頭蓋内クモ膜嚢胞 J-VET(インターズー),No.11,2009
 救急患者 けいれん・発作を起こした動物を診る CLINIC NOTE(インターズー),No.50,2009
 犬の肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 J-VET(インターズー),No.5,2008
 皮膚病変として再発がみられた多中心型リンパ腫の犬の1例 JVM獣医畜産新報(文永堂),58(10),2005
 発作を主訴に来院した犬38例における神経学的検査/MRI/EEG検査に関する回顧的研究 獣医神経病,No.8,11-20,2001