MRI/CT

CT:MRIフチ加工済.jpg

 

 かば動物クリニックでは、年間250件程度のCTMRI内視鏡を用いた検査を実施しており、脳腫瘍や脊椎・脊髄腫瘍(“せぼね”のがん)のほか、鼻腔がん(鼻腔内腫瘍,鼻腔腫瘍)や口腔がん(口腔内腫瘍)など各部位の腫瘍(がん)においても豊富な診断経験があります。検査データをご持参いただければ、多施設で実施した検査に関するご相談も可能です。

 脳脊髄液(CSF)検査や針生検、組織生検による細胞診・病理組織学的検査、各種チューブ・カテーテル設置にも対応可能。再発を繰り返す外耳炎や中耳炎が疑われるケース、手足・骨盤の骨折や、会陰ヘルニア、猫の下部尿路疾患(FLUTD、FUS)などセカンドオピニオンについてもお気軽にご相談ください。

 

 <実績>CT検査/MRI検査

 2017年(10〜12月): 51件
 2018年(01〜03月): 56件
 (04〜06月): 48件
(07〜09月): 62件
(10〜12月): 72件
2019年(01〜03月): 63件
(04〜06月): 78件
(07〜09月): 54件
(10〜12月): 81件