椎間板ヘルニア

正確な診断適切なタイミング
ベストな治療選択を!

 

 ミニチュアダックスの胸腰部の椎間板ヘルニアだけでも1,000例以上の診断、200例以上の自身での執刀経験があります。麻痺により両足で立てなくなってしまったダックスでも、痛覚*が残っていれば多くのケースで元の生活を取り戻すことが可能です。身体検査・神経学的検査で重症度と治療方針を正しく見極めること、MRI検査で発症部位の詳細を評価することが重要です

(*:正しい知識を持った獣医師による評価が必要です)

 

予約・ご相談、お気軽にお電話ください

☎︎053-461-3311